2018年02月04日

映画「祈りの幕が下りる時」

心友が良かったよとラインをくれたので、早速行ってきました。
映画「祈りの幕が下りる時」
http://inorinomaku-movie.jp/

東野圭吾作品ですからね、「容疑者Xの献身」のような泣かせる映画でした。
ストーリーも脚本も作り方も飽きさせない。
阿部寛に間違いなしです。
かつ、松嶋菜々子さんと小日向文世さんの演技が秀逸。
(すみません、上から目線で)

この映画と比較し、余計なことながら、かえすがえすもキムタクの気の毒なことよ。
(今のキムタクのドラマが、ストーリーも今一つであまりにお気の毒。
 キムタク主役というのをいったんやめて、準主役で抜擢してみてはどうでしょう)

もとい。
これは映画館で観るにふさわしい一本。
オススメです。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。