2018年02月03日

夢と社会の捻じれ

弊学のHPにも、富士ゼロックス志プロジェクト最終報告会の様子がアップされました。
文責、私になっていますが、実は広報のKさんが上手にまとめてくれているのです。
写真撮影にもきてくれましてね。
ありがたいことです。
なので、文章と写真が、とても良いです。
ぜひ、ご確認くださいませ↓
http://www.u-keiai.ac.jp/economics-news/35_5a7107e40d931/index.html



この活動にも参加しているゼミ生のS君と、昨日雪の通勤路で一緒になり、
色々話しました。
就職先を迷うS君、一番したい仕事は介護とのこと。
大学入学時から地元の自治体のボランティア団体に入っているとのこと。

初耳だったのでびっくりしましたが、
優しい顔立ちで、身体も大きくて、いろいろ気が付くS君は、
きっと活躍すると思います。
そうはいえ、介護というと、皆が反対するんだとS君。

介護の仕事は現代の日本では優先すべき重要な仕事の一つであるはず。
必要な仕事≠待遇 という図式が成立している捻じれ現象を解消しなければ、
皆が不幸になる。
こうしたことを、ちゃんとするのが政府の仕事であり、税金の使い先であると思うのです。
他の余裕のあるところに注力せずに。

と、雪の中をS君と歩きながら感じ、無力な自分を憂うのです。
posted by H.A at 09:34| Comment(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。