2018年01月22日

雪の日に連続モノについて

今期の朝ドラ「わろてんか」は、残念ながら面白くない。
タイトルに「わらう」などと入れてしまった時点で、名前負けかもしれない。

大河ドラマの「西郷どん」は始まったばかりなので、今後に期待だ。
原作の林真理子氏は、女子のどろどろだけでなく、
骨太の作品を書くので、楽しみではある。
(すみません 上から目線で)

何より、日経新聞朝刊の連載小説「愉楽にて」は、毎朝楽しみだ。
いかんせん、内容がちょっと色ぽいので、
ここにいろいろ書くのもちょっと躊躇するし、
毎朝楽しみに読んでいることは間違いない友人(H氏)に、
感想もメールできずにいる。
とにかく、次はどうなる?と楽しみであることは間違いない。

そして、新しいドラマもはじまり、
石原さとみちゃんのそれは、なかなか面白い。
キムタクのはそれは、脚本、設定が今一つで、
お気の毒。

と、勝手な上から目線の感想で、申し訳ありません。
雪に免じてご容赦を・・・

って、明日、職場に行けるのだろうか・・・
posted by H.A at 19:21| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。