2017年12月29日

オーケストラの力

私の親バカは周知であり、類は友を呼ぶで、周囲には、
同僚はじめ友人など、親バカは多い。
加えて私は、おばバカでもある。

姪っ子が、オケフェス(全国高等学校選抜オーケストラフェスタらしい)で演奏するというので、
早速鑑賞に出かけた。
https://nippon-seinenkan.or.jp/orchestra/renmei_okfes.html
IMG_5867.JPG

場所は青山一丁目駅で降りて、日本青年館ホール。
http://nippon-seinenkan.or.jp/dai-hall/index.html

IMG_5866.JPG

ホールに着くと、ちょうど準備して待機していた姪っ子に会えて、
おばバカ安心。

そして、二階の保護者席の一番前で鑑賞。
想定以上の素晴らしい演奏に、びっくり!
姪っ子の学校は広島で、84名のクラブ員がわざわざ東京まで来て、
宿泊して、演奏。
これは指導なさる先生のパワーと、引率される先生のご苦労に敬服。
大変だ〜

もちろん、一番大変なのは姪っ子含む生徒さん。
高2は夏で引退したということで、中一から高一までのメンバーであの力量なのかと、
びっくり。
オーケストラというシステムに数は力を再認識。
数を力にするには、ものすごい練習量であったことが推測される。

このオケフェス、4日間にわたり、66のプログラムが行われるとのこと。
つまり約60校の管弦楽部(中には弦楽器のみもあった)が、
一挙に集まるフェスティバルということ。

他校はどんなものかと、そのまま座って数校鑑賞。
これまた、素晴らしい。

中学生や高校生の幼い子たちが、厳しい練習をこなして
あんな大舞台で堂々と演奏するなんて、
それも聴きごたえのあるレベルで!!!

毎年、フェスは行われるようなので、来年も鑑賞に行きたい。
美しい音楽による癒しを得られるのはもちろん、
元気がもらえる。

日本の未来は明るいと確信。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。