2017年11月05日

今更ながらの「極道の妻たち」

月曜日に大作の締め切りがある私は、忙しい(はず)。
にも関わらず、いつものことながら、試験前に掃除をしてしまうティーンエイジャーのように、
つい、つい、ネットフリックス。

なぜか観てしまった「極道の・・・」シリーズの一作。
過去には全く観たことなかったし、興味もなかったのだが、
岩下志麻さんの超かっこいいこと。
わっかい歌手(キムタクの奥様ね)が娘役で出ていて、何度も横に並ぶが、
美しさと凛とした感じで、岩下志麻さんの圧倒的な存在感!
人間てのは年齢ではないね、と再認識。

というので、同作に興味を持ち、それならば、一作目から順を追って観ようではないか!
と、まずは第一作目。

岩下志麻さんの妖艶さと美しさとカッコよさは、最高。

それにしても、同映画、ところどころ笑いを盛り込んでくる。
実は大笑いをしながら鑑賞。
このあたり、日本映画の巨匠監督と言われる方々の余裕だろうか。

例えば、とある組長の家に、対抗する組が、ダンプカーで突っ込んでくるあたり。
「なんじゃこりゃ!」
って、あまりに無いだろう、こんな感じ、というので爆笑。

また岩下志麻とかたせ梨乃の姉妹喧嘩。
着物も破け、髪の毛もぼさぼさになるほどの本気喧嘩だが、
それを扉の外で、大の男衆が、どうしたもんかと聞き耳を立てているあたり。

その他にもいくつか笑った。
日本映画、さすがです。
また時間見つけて、その他の作品も鑑賞してみることとしましょう。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。