2017年11月01日

やはり綺麗なお姉さんはいたそうです

火曜日のこと、一コマ目の「経営戦略論」の講義で、
その前日に行った東京モーターショーのHPを提示しながら、
自動車メーカーの戦略について話した。

そして、11/5の日曜日までモーターショーは開催していること、
二年に一回であること、
自動車の技術変化の過渡期で、非常に面白い時期であること
等を話し、よければ行ってみなはれ、と講義を終えた。

講義後、毎回一番前で聴講してくれる学生さんに、
実は私は今日も東京モーターショーに行くのだと、
夕刻にあるセッションがどうしても聴きたいのでい行くのだと、雑談した。

授業後は、会議がいくつかあり、最後の会議は事前にお断りをして、中座し、
タクシーで最寄り駅までと、急ぎ東京モーターショーへ。
なんとか、セッションに間に合った!

セッションは1時間の予定が、1時間半あったが、
非常に興味深く、また笑いも盛り込まれ、引きこまれるように聴いていた。

すると、「先生、横、よろしいですか?」と、すらりとした若い男子。

と、なんと、「経営戦略論」講義で一番前で聞いてくれている2年生の学生さん!
I君!

私が車のことを楽しそうに話していたので、
夕方からモーターショーに来て、見学したとのこと。
かつ、私が聴きたいと言っていたセッションも、最初から聴いていたとのこと。
私の姿を探して見つからなくて、途中見つかったので、席を移動してきたとのこと。

千葉県出身の学生さんがほとんどの大学ながら、
なぜかI君は四国から進学してきていて、
とにかく、興味関心旺盛で、
非常に意欲的に学んでおり、
今夏も文部科学省のプログラムでドイツに行ったりしている。

I君が、今朝の講義で先生が説明された、アダム・スミスのことも、
セッションの中に出てきましたね、
いつも話されているテスラのことも出てきましたね、という。
そうだね〜と。

日頃私は、こうした学びは一人で行っているので、
聴講後に、その余韻を共有できるのは、なんだか楽しい。
おまけに、ちゃんと私の話を覚えていてくれていて、それも泣かせる。

ということで、嬉しくて、その後、I君と一緒に来ていたS君と、
三人でイタリアンへ。
I君は20歳なのでワインやらビールやら飲める。
S君は19歳なのでウーロン茶。

ところで、I君に、モーターショーを回った写真を見せてもらったら、
あら!露出の多いお姉さま方が、数人おられたよう。
(昨日はいなかった)
それはそれで、彼らには良かった(笑)

私は、意欲の高い学生さんとの触れ合いが、
嬉しくて楽しい東京モーターショーでした。
(セッションも意義深かったので、後程書きます)
posted by H.A at 19:37| Comment(2) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしいお話です。
先生の熱意が学生を動かしましたね。
そういう学生を増やしていきましょう!
Posted by 同僚 HS at 2017年11月03日 09:38
同僚HS先生
ありがとうございます。神様からの贈り物かと思うようなうれしい出来事でした。
また、話を聞いてやってください!
Posted by H.A at 2017年11月03日 10:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。