2017年10月04日

美学

少し前になるが、安室ちゃんが、来年9月の引退を発表した。
引退の理由は明らかではない。

加齢に伴い
肩は上がらなくなるし、
ぎっくり腰にはなるし、
ひざも痛くなるし、
足首は固くなる。

というのは、私のことで、
安室ちゃんが私と同じとは全く思わないが、
もしそうしたことが要因で、思うようなダンスができなくなるかも、というので
引退を決意されたのならば、その美学に私は大きく拍手を送りたい。

なぜならば、当ブログでもしばしば書いてきたが、
声の出なくなった歌い手が、若ぶりな洋服を着てテレビで歌う姿を見るたびに
「恥を知れ」と思ってきたからだ。

見た目が老いるのは仕方がない。
だけど、歌うたいを生業にするならば、
喉をちゃんと鍛えて保ってほしいものだ。

反対に、加齢により、声に艶と奥行きが出てくる歌い手さんもいる。
例えば、
玉置浩二さん、
ミスチルの桜井さん、
ドリカムの吉田美和さん。
とくに後者の二名は若いころは声質がキンキンしていたが、
今のほうが声がほわっとしていてよい。

安室ちゃんは歌が上手いし、
やはり声が10代のころと比較し、ほわっとしてきた。
となると、安室ちゃんには歌って踊れるアーティストではなく、
歌って聞かせる歌うたいとして、復帰してほしいものだ。

過去にも引退宣言をしながらも、その後復帰のタレントさんも数人いるので、
その可能性も無くはない。

彼女の美学が、どこまでを良しとするかで決まってくるのだろう。

以上
って、ボイストレーナーでもないのに、上から目線で書いてすみません。
テレビ大好き、歌大好きの、ある種のオタクの戯言とご容赦を。

IMG_5230.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。