2017年09月15日

愚直であること

産官学で構成された自動車のリサイクル研究会。
私も2つに参加させてもらっているが、この会は非常に面白い。
なぜ面白いかというと、手弁当であることが大きい。
再資源化に勤しむ人たちが、本当に何かしたい、何とかしないという思いのみで、
集まっているからだ。

研究会であるから、新しい技術やシステムについて学び、
助成金の公募の情報交換などもしている。
同時に会の人脈をご縁に、相互にビジネスも行っているようだ。

先日も広島で会議があったが、会議はもちろん、移動時も、昼食時も、終了後のちょっと一杯時も、
再資源化に関する話題で、延々と盛り上がる。
静脈産業は派手ではないが、成長産業でもあるし、夢と未来がある。
その日は、朝3時半起き5時に家を出、帰宅は夜の10時とハードな日帰り出張ではあったが、
身体の疲労はあっても、満足感に満ち溢れていて、心地よい。

私はこの研究会で、企業の方や行政の方に質問するばかりだが、
皆親切に教えてくださる。
そこに来ている彼らは企業トップもおられるが、
サラリーマンの方も多く、おそらく社内の出張調整など、
きっと見えないところでご苦労をされているのだと思う。
(目の前の効率性だけ重んじると、当研究会の意義はわからないだろうから、
 そのような上司だと、大変)

さて、会議前後にとある企業の方に個別ヒアリングをしていると、
「うちの社長の口癖は、とにかく愚直であれ」だと言われた。

当研究会も愚直な人ばかり集まっているようだ。
彼らの愚直なビジネスをちゃんと文言で表して、後世に残すことが、
今の私のできること。
愚直に頑張ります。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。