2017年09月10日

師弟関係その2

学会報告で指導教授に褒められて嬉しかった、ということを書いたが、
http://bouchukan.seesaa.net/article/453322951.html

そういえば、以前も同様のことがあったな、と過去のブログに発見。
http://bouchukan.seesaa.net/article/405581146.html

私もそこそこ良い年齢ではあるが、こうして評価してくださる師が
今でもいてくださるというのはありがたいことだ。

というのもフジテレビのドラマ「コードブルー」では山ピーやガッキーが医者として
後輩の指導と教育に悩んでいる様子が描かれている。
その中で「私も昔、黒田先生に褒められて嬉しかった」というセリフがあった。
黒田先生というのは、山ピーやガッキーが新米だったころに
指導してくれた先輩だ。
黒田先生は、ドラマ内で腕をケガして、外科医ではなく、ドラマには出てこない。

きっと山ピーやガッキー(演じるドクターがね)も、まだまだ教えてほしい、背中で学びたいことばかりだろう。

そのように考えれば、K先生の存在はとてもありがたい。
以前は超厳しかったが、最近は好々爺になられた。
そうはいえ、上手のいえない滅多に褒めない先生なので、
より心に染みる。

池袋に向かって、感謝。合掌。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。