2017年08月20日

9回裏代打満塁ホームラン

準々決勝 明豊(大分) vs. 天理(奈良)、
9回裏、13対3で、天理が圧勝と思われたところ、
代打で出てきた三好君が、満塁ホームランを打った。

甲子園に出るような野球部で、ベンチに入るのも大変だろう。
その中で、三好君は、スタメンではなかった。
代打で起用された時の気持ちは、
私には想像もできないほどの緊張とやる気とに溢れたものだったと思う。

三好君の肩に力が入りすぎていたように見えただけに、ホームランは、気持ちよかった。
握り拳を突き上げながら走り、ベンチに戻ってきた時の困ったような顔は、
ホームランを打って嬉しいが、まだチームは負けているし、
喜びたいけど喜べないのような複雑な高校球児の思いが読み取れる。

結局、天理の勝利となったが、
きっと三好君のご両親は、あの暑い甲子園で、
涙でぐちゃぐちゃになっておられるのではないかと思う。

代打満塁ホームランは、甲子園史上初らしい。
そして私も、仕事が手につかない!!!
posted by H.A at 12:54| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。