2017年06月18日

ノブナガとオトワとタケ

今日の大河ドラマは、今まで我慢して観てきた甲斐があった回であった。
まず、海老蔵さん演じる信長様のかっけーことよ。
ドラマ全体がパリッとキリッとしまった。
さすが、エビ様。

そして立派になった直虎様のことを、誇らしく思いつつ、
幼いころのくったくのないオトワ様がもういないことを寂しく思う和尚様。
「オトワはもうおらんのじゃのう」
は成人した子どもを持つ親は皆わかるどうしようもない淋しさだ。
「ごちそうさん」と同じ脚本家、ということで、泣かされる。

そして老いた自分は役に立たないからと、役をおりるタケさん。
姪っ子さん登場で涙も吹き飛んだが、
今日の大河ドラマは、よかった。
posted by H.A at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック