2017年06月07日

❝願わくは花のもとにて❞

PCが壊れたとか、ゼミ生がどーだとか、ワインを飲んでなど、
日々の普通ながらもせわしい暮らしの中で、ああ、少し忘れていたんだなと、
日曜日の朝刊(日経新聞、6月4日ね)で気づいた。

IMG_4226.JPG

村山由佳氏も4月の桜のころにお父様が逝ったとのこと。
お母さまが施設に入っているので、お父様は一人暮らしで、
元気かと久ぶりに様子を伺いに実家を訪ねたら、倒れていたとのこと。

村山氏は、死ぬとき健康でどうする!と最後まで煙草好きだったお父様のために、
お仏壇には線香の代わりに煙草をくゆらすとのこと。

ああ、私の父も酒と煙草が大好きで、
最後の退院をして家に着いたら、
玄関までは母と義妹に支えられながら歩いていたくせに、
そこからはスタスタといつもの煙草吸い場に行ったというのだから、
笑わせる。

そんなことを思いあわせて読んでいたら、新聞の文字がにじんだ、

今日7日は、わが父の月命日。
お父さん、二か月経ったよ。
そっちの世界でお酒は美味しいかい?
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック