2017年05月14日

お気に入りの時計

四十九日法要を滞り無くすませ、
その後のランチ会で、気持ちよく広島の地酒、奈良の地酒、白州のハイボールを飲んだ私は、
帰途について眠い。
広島空港までのバスで寝、
時間調整のラウンジで寝た。

ラウンジにはマッサージチェアーがあったので、
上着を脱ぎ、カバン類を足元に置き、
マッサージチェアーに体を横たえた。
マッサージチェアーには腕の圧もあったので、
お腹にのせた読もうと思った雑誌の上に、
時計とタイガーアイのブレスレットを置いた。

マッサージチェアーのマッサージに、爆睡。
一メニュー終わったので、別のメニューをセットして爆睡。

しながら、ふと?
雑誌の上に、時計が無い。
タイガーアイのブレスレットはある。

そこから飛び起きて、周囲を探す。
カバンの中、ハンガーにかけたジャケット、
通路の向こうに座っていた男性にも声をかけ、
時計が無いんだ困ってるんだ、誰か私をつついたか?などと尋ねる。

受付の女性にかくかくしかじかと話をしたら、
設備の係りの方を呼んでくださった。
その間も、マッサージチェアーの背を起こしたり、
寝かしたり、あちこちを剥ぎまくって確認する。

ああ、あの時計は、マツダから転職した時に記念で買って、お気に入りで、いつもしていて、
娘にあげようと思っていて、
同じのを買おうとしてもネットに無くて、
やれ、コマッタコマッタ(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

コマッタコマッタ。゚(゚´ω`゚)゚。
コマッタコマッタ(;ω;)

そこに現れた設備の男性。
ガッとマッサージチェアーを持ち上げた。




「ありましたよ!」


マジか!
すぐに、その男性に感謝の握手。
一緒に探してくれた受付の女性の方とも握手。

よかったよかった。

通路の向こう側に座っていた男性は、私が探している最中に、
申し訳なさそうに飛行機に乗りに行った。
あの通路の向こう側の男性に、時計が見つかったことを伝えたい。
posted by H.A at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック