2017年05月03日

『嫌われる勇気』

『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え』(2013)
岸見 一郎、 古賀 史健 ダイヤモンド社

これは、よかった。
何が良かったかというと、これまでの人生の中でわが心に湧き出た
負の気持ちを整理できたから。

実はこれトイレにおいて、少しずつ読んだ。
読み終わっても、ぱっと開いて、また読む。
ああ、そうだった、と再確認すること、そのつど。

何でも自分次第で、客観的事実ではなく、幸も不幸も自分が決める。
そして、嫌われたくないのは、自分が可愛いから。
でもその気持ちが結局、自分を苦しめる。
なぜなら、私を世界の中心と思い込んでいるから。
そうではない。
「自己肯定ではなく自己受容」
「仕事の本質は他者への貢献」
そして
「人生とは連続する刹那」

最後のフレーズなんて、しびれます。
今を生きよ、ということ。

と、抜き出して書くと、あまたある人生の指南本みたいで、
またかい!と思われるでしょうが、そうではないので、読む価値ありあり。

そういえば、十数年前にある人から、アドラー心理学にハマっていると聞き、
ならばとアドラーの書籍を買ったは良いが、読まず。
こうして出会うことになるとは。

私の場合は「人生とは横着の連続」といったところでしょう。
GWの読書に、オススメ。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック