2017年04月07日

夜中のノックの主

昨夜、寝室の窓をノックする音がした、と書きましたが、
主がわかりました。

父でした。
お別れを言いにきてくれたようです。

今日の2時頃、逝きました。
今、慌てて父のもとに向かっています。

顔も性格も良く似ていて、父が若い頃はよく喧嘩をしたものです。
あまりよい思い出が無いと思っていましたが、今、思うのは楽しいことばかりです。

不思議なものです、親子というのは。

親不孝な娘ではありましたが、唯一の親孝行は、父とっての孫娘でしょう。
posted by H.A at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック