2017年03月22日

鍼灸で身体と心を緩める

昨年の9月よりお世話になっていた女性の鍼灸師のHさんが、
体調を崩され退職された。
今は、やはり女性の鍼灸師さんIさんにお世話になっている。

HさんとIさんの鍼の打ち方を比較すると、Iさんは思い切りよく奥までぐいぐい。
Hさんは、遠慮しながら少しずつ、といった感じだった。
なんの御病気かわからないが、もしかしたら私の毒気を吸い取ったことが要因だろうか・・・
そうならば、申し訳ない。

私もいろいろあったので、体と心ががちがちになった。
よって、Iさんに、右腰が悪い、右肩が悪い、右膝が悪い、
心がかちかちだ、と言って、ハリネズミのように施術してもらった。
Iさんは思い切りよく、私の体に針を刺す。
これくらいの潔さが、実は小心者の私にはありがたい。
右膝と、一昨年の夏の骨折箇所の右手首には熱いお灸もすえてくださった。

なんだか、体がすっきりした。
ありがたいことだ。

普通に生きていても、ストレスがあっても、なんだか体は固くなる。
毒素は溜まる。
それを鍼灸で吐き出している。
はーーーーーーーーーーっ
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック