2017年01月29日

同一ワインを10年分飲み比べる その4 三次ワインの美味しいことよ

アルガブランカ 甲州 イセハラを10年分飲み比べ会。
ワインバーの貸し切りでお料理もそこそこあるのですが、
女性は何か一品、男性は、白の飲み比べなので、あえてのマスカット・ベーリーAワインを持参が条件。

マスカット・ベーリーAってなんじゃい?
サントリーのHPによると、
http://www.suntory.co.jp/wine/series/knowledge/recommend/muscatbaileya.html
「日本の赤ワイン用のぶどうとしては、最大の生産量を誇ります。
 2013年に日本の黒ぶどうとしては初めて、世界的に醸造用のぶどうとして登録された、
 日本を代表する赤ワイン用のぶどうです。 」
とのこと。

赤ワインしかないらしい。
で、日本の赤ワイン マスカット・ベーリーAがずらっと並んだわけです。

まずは、どれを飲もうかなと眺めていると、広島県は三次のTOMOEワインが、
あるではありませんか!
同じテーブルの方に、これを飲みましょう!と提案し、皆のグラスに注ぎます。
「これは、すごい!
 何、この香り!すごい!」と
ワイン好きのお兄様、お姉さまが感激をされました。

会の最後にも、あの三次のワインがよかったと、皆さん口々に。
なんだか嬉しい広島県出身者あり。

IMG_3012.JPG

TOMOEマスカット・ベ-リーA木津田ヴィンヤード2014
http://www.shop-miyoshi-wine.com/item/kitsuda-muscatberrya2013/
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック