2017年01月29日

同一ワインを10年分飲み比べることにみる所感その1

アルコールの話はここには書かないようにしているのですが、
このたび参加したワイン会は、日本の白ワイン、同一銘柄の10年分を
飲み比べてみよう、というもので、非常に興味深かったので、
ちょっと書きます。

現在、同僚と行っている酒蔵企業の市場拡大戦略研究で学んだことに、
とある社長さん曰くの「日本酒は毎年同じ味にしなければならない」ということ。
それと比較して、ワインは年による違いが所与とされていると。
日本酒造りもご苦労も慮りつつ、
(毎年同じ味にすることがそもそも可能なのか否か、
そうした技術的なことはさっぱりわかりませんが)
となると、ワインの年による違いというものも気になります。

あちこちで行われているワイン会は、いろんなワインを飲み比べてみよう!
的なもので、なかにはとても高価なワインを飲む会もありますが、
このたびのワイン会はワイン好きな方による個人的趣味で集められたワインを
お店を借り切って飲もうではないか、というもの。

といった内容も知らず、仕事でお世話になっている人から、
ワイン会があるから行きましょう、
仲間も紹介したいし、ということで、、はるばる横浜まで行ったのでした。

IMG_3009.JPG
(続く・・・)
posted by H.A at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック