2017年01月26日

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

福士蒼汰君が好きなので映画を観に行こうかと思ったけれど、
いや、ちょっと待て待てと、まずは話をつかんでみようと、
七月 隆文 著の小説「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」(2014)(宝島社文庫)を読んでみた。

IMG_2882.JPG

なるほど。
これは映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」の、可愛らしい版。
http://bouchukan.seesaa.net/article/114038938.html

小説を読んで満足ではあるけれど、Back Numberの曲を背景にした
福士蒼汰君を観たくもあり。
DVDが出たら借りましょう。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック