2016年12月25日

日帰り広島出張 トラブルその1

23日に日帰り広島出張をした。
朝一番の飛行機で広島空港に着き、そこからリムジンバスで広島市内に入れば、
10時からの会議には十分間に合う。

ところが、山陽自動車道の事故のため、リムジンバスが運行を休止しているという。
まじか!
代替移動ルートとして、路線バスで最寄りの駅の白市駅まで行き、
そこから山陽本線で広島駅へとなる。

生まれ育った身としては、勝手知ったるルートではあるが、
観光客は戸惑っていた。
口頭での説明は空港であったが、別途案内のチラシがあればより安心だろう。

かつ路線バスの不便なこと。
使えるICカードが地方限定のものに限られるので、
首都圏でのスイカでなんでも支払うことに慣れた人にとってはびっくり。
結局、すし詰めのバスは降車の時に現金支払いの人が多くて、時間がかかった。

加えて、地方のJRの本数は超少ない。
乗り遅れたら、一大事だ。

なんとか広島駅に到着し、会議に間に合わないのでタクシーで向かった。

広島は観光客誘致に頑張っているが、絶対的に広島空港と広島市内の
交通アクセスが脆弱だ。
広島で勤務しているころからそれは何度も私もあちこちで改善の必要性を述べてきたが、
なかなかどーよ。
これなら、やはり博多に行ってしまう。

他方で、便利になれると、
過去には当たり前だったいろんなことが面倒になるという切なさも感じる。
便利であることを追及したその先には、何かとんでもない落とし穴が待っているような気もする。

そんなこんなを考えながら山陽本線からの懐かしい広島の景色を眺めていた。
posted by H.A at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック