2016年12月11日

前髪

アンジェリナー・ジョリーのように前髪をかきあげる、というのに憧れて、
過去にも何度か前髪を伸ばそうとトライしたが、
そのつど挫折をしてきた。
このたび、そこそこ伸びてきて、アンジェリナー・ジョリーまでもうすぐのとこまできた。

しかし、千葉は風が強い。
とにかく強い。
おまけに地下鉄も階段から落ちそうになるほど風が強い。

朝、後ろに流れるように巻いていっても、
♪風に吹かれて〜歩いていくのさ と古いが猿岩石の歌のように職場につくと、
髪の毛がぐしゃぐしゃで、落ち武者のようになっている。
前髪が長いので、余計にみすぼらしい。

仕方がないので、前髪を切った。
アンジェリーナジョリーが、また遠くなった。
来週末に美容院を予約しているので、そこでちゃんと整えてもらおう。

前髪というと、いつも思い出すのが、OL時代の同僚の言葉。
「前髪をおろしていると、オトコに媚びているような気がする」

FBで彼女の今を確認すると、前髪を前におろしていた。
もう、人間的に大人になったので、そんなことで媚びるも媚びないもないことが、
わかったのだろう。
私は落ち武者からの脱却で前髪を作ったから、媚びるも媚びないもないのだが。
大人になるというのは、楽になることだと、最近つくづく思う。
posted by H.A at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック