2016年12月07日

早く大人になりたい

バスで、小さな女の子とママと乗り合わせた。

小さな女の子は可愛い声で話すおしゃまさんだった。
ママは、甲高いハリのある声で、
〜をしてはいけないよ、
〜をしなければいけないよ、
とあるべき規範を女の子に話し続けていた。

はっきり言って、耳障りなくらい、ズーーッと話していた、ママが。

ママが教育熱心であることは話の内容から十分に推測されるし、
その気持ちはわからなくもない。
再来年の小学校受験には、今から撤退したマナー教育が必要なのだろう。
(それが良いかどうかは別として)

立て板に水のように話すママの言葉が途切れた時に、
小さな女の子が言った。
「ああ、早く大人になりたい…」

そりゃそーだ、ここまでがだがた言われると、嫌になるよ、と
前の席の私は苦笑した。

ママは間髪入れずに、いかに子どもという立場が
恵まれているかを、甲高いハリのある声で説明し始めた。

あーー、うるさいわっ!
posted by H.A at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック