2016年12月05日

座れば牡丹

久しぶりに行く気になり、関ジャニの東京ドームでのコンサートチケットを申し込みゲットした。
よく分からず申し込んだら、着席専用席だった。

通常、若いファンの多い興業は客席の皆が立って歓声を送り、飛び跳ねる。
小さい子やお年寄りは、前の席の人が立つと見えないので、立ってはいけない着席用席というのが、設けられているらしい。

送付されたチケットの席番をみるに、そこそこ前の方の席だったが、いかんせん東京ドームなので、どこに座っても関ジャニのメンバーは近くはないだろう。

腰痛持ちには立ちっぱは辛いので、着席用席でよかった。


しかし、腰痛持ちには、座りっぱなしも辛い。
加えて私はカラオケの時には立って歌う派。
(しゃがみ込んで歌う友人もいる)
ずっと、座ったままでいられるだろうか。
心配だ。


それにしてもジャニーズも、ようやく良心的なチケット販売システムにしたようだ。
以前は、買いたいならとにかくお金を振り込め。
その後、抽選をして、外れたら手数料はお前持ちで返金してやる。
といった、居丈高なシステムだった。
それだけ人気もあったということだろうし、非常識なことをするファンもいたのだろう。

ところが、今回は先に書いたようにチケット購入は久しぶりだったが、
ファンがまずはコンサートを申し込み、
席が取れたメールがあったら指定口座にお金を振り込み、
ジャニーズ側が入金を確認したらチケットを送付する、
といった、いたって当たり前のシステムとなった。

当選案内メールには、一人一人異なる振込口座番号が示されていた。
このあたりの技術が可能になったことで、人間味のあるチケット販売システムが構築されたのだろう。

今日はイノベーションについて授業で学生達と学んだが、まさにイノベーションだと思う。
posted by H.A at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック