2016年11月24日

映画「この世界の片隅に」

文章を書くことを生業としておりますが、
感想を何と表現すればよいかわからないくらい、
最高の映画でした。
「この世界の片隅に」

IMG_2533.JPG

主人公は広島市の海辺生まれ、嫁いで呉市へ。
私の生まれ育った呉や広島の街が、昔の街ですが描かれています。

そういった地元意識で鑑賞していて高揚したというのも事実ですが、
ストーリーや描き方、魅力的な主人公、主人公をとりまく人たちの優しさ、
泣けるんです。
後半はずっと涙、涙でした。
悲しいから泣ける、というのもあるのですが、
優しいから泣けるというか、なんというか・・・

ま、えーから観てみてください。
この私が一度も寝ないくらい、あっという間の二時間でした。
前から二番目の席で首も痛いのに、腰痛もひどいのに、
それを忘れさせてくれる二時間でした。

最初は上映館も少なかったのに、人気が人気を呼んで、
ブームになりつつあります。
これは、実のあるブームです。

(数日まえの日経新聞)
IMG_2531.JPG

オススメ。
家族や友人と連れ立っていくのもよいけど、一人で観に行って、一人で浸ってほしい映画です。
私は一人でおいおい泣きました。
posted by H.A at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック