2016年10月12日

生きる力が落ちている

一週間に一度はマッサージに行かないと、腰痛がひどくなっていた。
鍼に行き始めて(といっても3回)からというもの、
鍼は体にあうようで、ひどい腰痛は回避できているし、
固まっていた首と肩がほぐれてきて、肩こりを感じることができるようになった。
(それまでは、硬すぎて感じもしなかった)

今は鍼通いは二週間に一度くらいだけれど、そのうち月に一度程度にしたい。
鍼はマッサージと比較すると、やはり高いのよ。

いつも担当してくれるお若い女性の方に、とにかく任せた!と
足がむくむ、目が痛い、腕がだるい、といろいろお願いする。

わかりましたと、あっちやこっち、裏から表と鍼をうってくださる。
そのお若い女性の方が、私の腕の脈をとりながら、
「お元気そうですが、生きる力が落ちています」とおっしゃる。

で、腕のあたりに鍼を打った。

私はここのところ、よくしゃべるし、フットワークよくあちこち行くが、
確かに、すぐに疲れるし、その疲労度が高い。

私よりお若い皆さん、いたわってやってください。
posted by H.A at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック