2016年08月16日

頑張れ、頑張れ、両方頑張れ

忙しい。

リオはもちろん、高校野球が、どの試合も拮抗する。
野球は9回ツーアウトから、とは真なり。
勝っても負けても、攻めても追われても、ドキドキする。
夜の熱闘甲子園なんて、涙無しで観ることはできない。

よって、そこで戦っている選手が、我が子でなくてよかったと思う。
我が子なら、ドキドキで体を悪くしている。

まずもって、
肘をすりむくからスライディングなんかしなくてよい。
身体を打撲するから、飛んできたボールのジャンピングキャッチなどしなくてよい。
骨折するから、カメラ席まで打球を追いかけて、柵の向こう側に落ちてまで捕球することは無い。
と、バカ親な私は言うであろう。
(私は昨夏、こけただけで骨折した)

とか言いながらも、野球児は汗と涙にまみれながら、明日は、広島新庄と木更津の対戦。
困った・・・
こういうことを言うと、広島の友人からは「故郷を捨てるのか」と叱られる(笑)

どっちも頑張れ!

しかし、こうしたアスリート達が魅せてくれるドラマは、
テレビドラマを陳腐にさせる。
比較すること自体が浅はかなのだろうが、
あれだけ大好きなテレビドラマを観る気にならないのだ。

もとい。
怪我をしないように。
無理をしないように。
だけど、後悔の無いように、どっちも頑張れ!
posted by H.A at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック