2016年07月09日

「匂い」と「香り」その1

先般のフォーラムのねぎらいにと、学部長がご配慮くださり、
慰労会を開いてくださった。
ありがたいことだ。
幹事として調整してくださった先生や、
お忙しいのにお時間を作って参加してくださった先生方など、
感謝の念に堪えない。
おかげさまで、楽しい時間だった。

さて、その慰労会。
地下のワイン食堂で催された。
これまたご配慮により、白ワインばかりをいただいたのだが、
9名なので、ガンガンとボトルがあく。

何を飲んでも美味しいのだが、それぞれ、「うん、なんだか違う」と
よくわからないなりに飲んでいた。
が、明らかに鼻の奥をくすぐる芳香が異なるワインがあった。

「これ、匂いが違います!!!」
と大声で言うと、そういう場合は「香り」と表現するんだとワイワイ。

確かに「匂い」というのは、あまりよろしくない、はっきりいえば「臭い」時に
使う言葉だ。

英語ではどうだろうと、調べてみると・・・
動詞のsmell は、good smell いい匂い bad smell 悪い臭いの
両方に使うらしい。
が、形容詞のsmelly は臭い時に使うらしい。
もっと臭いときは、stinky 、odorなどがあるらしい。

よい香りは、aroma や、fragranceなどがある。

いやはや、鼻の奥をくすぐる空気にも、いろいろな種類がある。
人間とはなんと繊細な生き物か!
posted by H.A at 10:38| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨夜、前野先生ご来店いただきました!
まあ日本酒がお強いお強い(笑)
先日に続いてご紹介ありがとうございます。
前野先生とご両親?様によろしくお伝えくださいませ。
Posted by 鯛の女将 at 2016年07月09日 14:48
鯛の女将さん
ありがとうございました。ライブでラインが届きましたよ。美味しそうでした・・・
8月に参るのを楽しみにしてます♪
Posted by H.A at 2016年07月09日 23:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック