2016年04月25日

ドラマ「重版出来」が良いので、漫画も読む

四月から新年度が始まり、
肩に力が入っていたのでしょう。
この日曜日は、疲労が噴出。
ぐったりしておりました。

そこで、漫画の「重版出来」松田奈緒子さん著を寝ころびながら熟読。
テレビドラマは、ほぼ原作に忠実に作られているようです。
おまけに出演者も、登場人物によく似ている!
一点違うのは、黒木華ちゃんが柔道していたという設定には線が細くて無理がある、くらいかな。

そんなことは些末なことで、よいのです。
この漫画はよいね。

漫画家は技術力でもつのは10年で、その後は人間力がものをいう、
とか、
給料は会社からではなく読者からもらっている、
とか、
出版社は、どこの出版社でも書くことのできる独り立ちできる作家さんを育てる、
など、
今の私の琴線に触れる言葉が次々と出てくるのですよ!

まだまだ人間がちーさいなー、私は。
IMG_0939.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック