2016年04月13日

親への想い

胡桃と棗のお菓子(?というかなんというか)を
中国への帰省のお土産にくれたY君。
いつも明るくてムードメーカーだ。

「久しぶりにお家に帰って、お父さんやお母さんは元気だった?」と尋ねた。
するとY君がぼそっと、
「お父さん、年をとっていた」と言う。
「白髪も増えて・・・」と。

そっか。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック