2016年01月31日

東京ラブストーリー以外も気になる25年後

東京ラブストーリーの原作者は、柴門ふみ氏。
実は私は彼女の大ファンで、ほとんどのコミックを持っている。
(実は研究室の段ボールの中に入っています)

彼女の漫画の多くはドラマ化されているのだけど、
だから東京ラブストーリーも大人気になったのだけど、
私は東京ラブストーリーよりは「同級生」や「あすなろ白書」のほうが好きなのです。
東京ラブストーリーのリカは、あまりにエキセントリックすぎて、
女子の本性を表しているけれど、少しハードすぎるかなと。

それよりは、「あすなろ白書」の主人公なるみの、
ドロドロした自分の気持ちを持て余してどうしていいかわからない!!!といったものや、
「同級生」の学生時代の恋人と社会人になってからの恋人との間で揺れる、
若さと成長の心がちぎれるような切なさ、を描いたもののほうが、共感できるのですよ。

と、柴門ふみ談義できる人、いたら声かけてください。
ワイン飲みながら、話しましょう。
って、いないわね。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック