2015年12月31日

2015の大晦日も紅白

紅白歌合戦の最初の曲は通常、若手が務めてキックオフするのが紅白の常だったが、
今年は何と、還暦を越えたHiromi Go!!!
ステージの下手から走ってセンターに向かい、
飛んで跳ねて歌う姿に、日本の元気を感じた。
いくつになっても、Hiromi GoにはHiromi Goでいてほしい。

そして、綾瀬はるかの可愛らしいこと。
広島出身の彼女が頑張ると、自分が認めてもらっているようで、
勝手に嬉しい。
東京に出る時に「いつでも帰ってきんさい」と親御さんが言ってくれた、
だから頑張れた、というくだりも、両方の気持ちがわかって泣ける。

今は「あさが来た」の皆さまも見れたし、
最後は聖子ちゃんだし、2015も楽しい紅白。

それにしてもHiromi Goが歌う「2億4千万の瞳」、
私は懐かしくて嬉しいばかりだけど、平成生まれの娘は
モノマネ用の唄にしか聴こえないらしい。
世代が違うと、歌の印象も違う。
時は流れる。
posted by H.A at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック