2016年01月04日

親孝行の罠

生まれた時は、誰かの親の子で、気づくと誰かの親になる。
親になったり、子になったりで、両方の立場がわかるようになると、
世間で言われている常識はに疑問をもつようになった。

というのも、親孝行しなければならない、という考え方、これはどうだろう?
人を苦しめる考え方なのではないか。
孝行なんてのは、頼んでしてもらうものでもないし、
嫌々、しなければならないからするものでもない。

そもそも親なんて未熟で、未熟なあまりに絶対的に小さくて弱い我が子に、
ひどいことをする人もいる。
それは親は忘れても、子は忘れない。

よって、そんな人に孝行するよりは、
自分を磨いて、世の中のためになることをしたほうが良いのだろう。

もしも親孝行の呪縛に苦しんでいる人がいたら、
昔の私なら「親孝行しなければ!」と言ったと思う。
今の私なら、気にすることはない、を言ってあげよう。

子どもが「親を捨てる」と言ったとき、
その時に、わかった、体に気をつけて生きていくようにと、
笑顔で送り出せる親こそが、親のできる最後の子育てなのだろう。



と、最近、いろいろ見ていて思うのです。よ。
いろんな考え方がありますからね、私は上記のように考えている、というところです。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック