2015年12月30日

ほうふ花燃ゆ大河ドラマ館

すでに終わってしまったが2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」は
主演の井上真央ちゃんや大沢たかお氏が好演したにも関わらず、視聴率が低かった。
とにもかくにも、その故は脚本が残念なことにあると思う。

そもそも吉田松陰の功績がよくわからない。
加えて久坂玄瑞も、単なるひどい男にしか思えない。
そうしたこともあり、脚本家が後半は変わったらしい。

後半は大沢たかお氏演じる楫取素彦が群馬県トップとして、
繊維業や教育などのシステム作りをしていくさまが面白かった。
なので、群馬県がメインとなり、主役の文と楫取素彦夫妻が、晩年、それも約30年も過ごした
山口県防府市の様子は描かれず・・・

最後のドラマの舞台として出てくるであろうと予想されていた防府には、
「ほうふ花燃ゆ大河ドラマ館」がばーんとできていた。
しかし、舞台にならず・・・

という悲喜こもごものあった大河ドラマ。

よし!それならば行こう!と冷たい風の吹きすさぶ中、
行ってきました「ほうふ花燃ゆ大河ドラマ館」。

入り口には、当時の様子を表すべく、A型フォードが!
T型ではないのね。
IMG_0060.JPG
posted by H.A at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック