2015年10月10日

ありのままで、ではない

マツコ・デラックスさんの番組が好きでよく見ているが、
局の異なる二つの番組で、芸能人にはプチも含めて整形が多いという話題があった。
切ったり、注入したりと、その方法は多々あるようだが、
ネットで調べてみても、ああ!この人までが人工的な手が入っていたのか!と驚愕する。
そのままで美しい人と言うのは限られるようだ。

そうはいえ、整形までしなくても、お化粧をして、ちょっと盛る、ということは日常的に行われている。
これは女子だけではなく、男子も然り。
(ビジュアル系バンドはもちろん、福山雅治氏も眉を書かないと眉が無いと言って、眉を書いている。
そうしたことも含め、ということです)

男女が結婚などをして生活を共にするということは、
盛っていない、ありのままの顔も見せる、受け入れる、ということであるが、
これは勇気がいることなのではないだろうか。
二人の人間的つながりは深いのだと改めて感じる。

芸能人が時折すっぴんだとSNSで披露しているが、
ぼかしがかかるか、目が大きく見える撮り方をしている。

だからというわけではないが、整形はしたことがないので、
お化粧品について、ちょっと書いてみたい。
(続く)
posted by H.A at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック