2015年05月10日

中年の分別その2

別の日、電車に座っていたら、
またまた酔っぱらったカップルが乗ってきた。
見るからに中年の二人。
おまけに、座席の端に座っていた私の横に立った。

泥酔に近い二人は、私の横で仲良く話を始めた。
隣の車両の人と話すような大声で。私の横で。
うるさい。

加えて、酔っぱらっているので、男性は吊革につかまりながら、
座った私に覆いかぶさるような位置にいた。
よって、大声で話す間中、私は彼の唾の洗礼を浴びることになった。
汚い。

さらに言えば、女性も酔っぱらっているからか、
甘えるような話し方で話をする、大声で。
中年なのに。

私の我慢の限界もここまでかと、
「恥を知れ」と喝をいれようかと思ったら、
その酔っぱらった中年女性が
「あ〜ン、間違えて急行に乗っちゃった。これ、停まんな〜い〜。
 降りなきゃ〜ごめんね〜」
と大声で言い、男性と共に降りて行った。

頼むから中年よ、分別(ふんべつ)をもて!
posted by H.A at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック