2015年05月08日

ブログのタイトルの影響

当ブログ、毎日そこそこの方が読みに来てくださるという
地味なブログです。

にもかかわらず、ある日アクセスデーターがびっくりするほど跳ね上がり、
桁が一つ違った。
なんだこれは?

何か悪いことをして、どこかに自分の名前が載り、検索されたのだろうか?
悪いことをしているわけでも無いが、慌てた。

しかし、どーも違うようだ。
いろいろ調べてみると、「キムタクとやまぴー」というブログ記事を先日書いたのが、
これが大反響だったよう。

というのも、本ブログを更新すると、
フロー型のツイッターで情報発信するように自動設定してある。
(プッシュ型のFBにはしていない)
その際、記事タイトルと共にツイートされる。

それを見知らぬ方が、それもやまぴーの大ファンの方が、
「やまぴー」をキーワード検索で見つけ、
ご自分のツイッターでリツイートされていた。
そこから拡散したようだ。

ブログ本文ではなくタイトルをいかに文言化するかで、
読者数が異なることを知った。

悪いことを書いているわけではないので、多くの方が読んでくだされば嬉しいのだが、
やはり、いろいろな意味で情報発信に注意が必要だと実感。
SNSのパワーを改めて感じた次第。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック