2015年04月18日

本人映像:子を思う親心

少し前のこと、ふとつけたテレビではフジテレビの「僕らの音楽」。
同社の入社式の懇親会、というか懇親コンサートが、同番組のプロデュースらしい。

豪華なミュージシャンたちの唄が満載でなんとも羨ましい入社懇親会だ。
おまけに、新入社員が現在の不安や戸惑いを質問形式でぶつけるのだが、
それに対するミュージシャンの回答が、唸るぐらい素晴らしい。
ベテランでも若くても、第一線で活躍しているミュージシャンは
きっと想像を絶するような努力と緊張との連続なのだろう。

と、私の大好きな、まさしも出演していて、「案山子」を唄った。
20代前半の新入社員が涙を流しながら聴いていた。
やはり名曲は年齢を越え、時を超える。

というので、カラオケで私もそれ。
IMG_4596.JPG

IMG_4598.JPG

元気だろうか
街には慣れて困ってないか
友達はできただろうか
寂しくて泣いているのではないか
お金は足りているのか

と娘息子を大学進学で都会に送り出した友人たちも
毎日涙しながら心配している。
私も昨年は毎日、そればかり考えていた。

もしもあなたの周囲に、空の巣症候群で落ち込んでいるママがいたら、
「子離れしろ」とか絶対言わないでほしい。
「自分の趣味を持て」とかわかりきったことも、
したり顔でアドバイスをしないでほしい。
黙って、その心配話や小さかった頃の話などを聞いてあげてほしいのですよ。


自分が心配する以上に、我が子は強くて、
新しい世界で模索しながら、自分の人生を創りはじめていることは
今泣いているママが一番よく知っているのだから。
posted by H.A at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック