2015年04月18日

本人映像:ジェネレーションギャップ

小心者で神経質、無駄に気を使うタイプにより、
新生活の緊張と、これまでの疲労噴出で、あまり体調がよくない。
なので極力、体を休めるようにしている。
(仕事はちゃんとしてます)

そんなことは全く気にも留めない娘が、カラオケに行こうという。
カラオケ好きの私なのにもかかわらず、
あまり気が進まなかった(というくらい引きこもり)。
そうはいえ、娘が言うなら行ってみっべ!と徒歩5分のところにある
カラオケボックスに行った。

少なくともポップミュージックについては、
そこそこトレンドを追ってきたつもりであったが、
最近はとんとわからなくなった。
職場の大学一年生と好きなミュージシャンについて話していても、
聞いたことのないグループ名ばかりがあがってくる。

娘が歌う歌も、私の影響で昭和歌謡もあるが、
さっぱりわからない。
10年前に当時の学生に教えてもらったミスチルも、
今の学生からしたらお父さんの世代だし、
セカオワも、紅白に出るようなミュージシャンは
大成しすぎているのだろう。

EXILEも三代目がどーのこーので、二代目はいないんかい!
とか思うが仕方ない。
少し古いが、せめてもとEXILEのChoo Choo TRAINを入れてみた。
ZOOと違って唄が始まるまでの前奏のEXILEのダンス部分が長いのが笑える。
何度もあの、くるくるが繰り返される。

オカザイルのほうがなじみのある私は、
岡村さんはいないの?と思ってしまう。
(これがわかるあなたは、めちゃいけ見てますね)

最近のミュージシャン業界の学びが必要であることを痛感している2015春の終わり。
posted by H.A at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック