2015年02月05日

『ガバナンスと利潤の経済学―利益至上主義とは何か―』

指導教授の亀川雅人先生の新著です。
『ガバナンスと利潤の経済学―利益至上主義とは何か―』(2015)創成社

IMG_4076.JPG

これは社会の「あるべき姿」のために、経営学よりも広い経済学的視点で
組織だけでなく国やあらゆる集団のガバナンスについて言及した書籍。
学術書なので、ちょっと難しいですが、時にはこういった書籍を読むのも
脳を指圧してもらうようで良いかもしれません。

ちなみに、ありがたいことに私の書籍も引用してくださっており、
師匠として舎弟への配慮を感じます。
また、推敲の段階で読ませていただいたので私なりに感想を述べたのですが、
つたない感想にも拘らず、まえがきで謝意を書いてくださっており、
これまたありがたいことです。
バチが当たらないように、精進したいと思います。

そして、そろそろ私も新たな本を出したいなあ。。。
posted by H.A at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究:経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック