2014年10月28日

自分の覚え書き:反省

余計なことを言ってしまったな、と反省することがあった。
余計なことを言ったのは、そういったことを常々考えているからであり、
私の心の持ちようが悪い。

なので、忘れないように、自分のための反省文です。
面白くもなんともないので、
お忙しい方は、こちらの方をお読みください→いろはにワイン


・人のことをどーのこーの言う時間があれば、自分のやるべきことをちゃんとする
・自信を持つと、脇が甘くなる。謙虚であれ!
・そして、腐らない、諦めない
・笑う門には福来る!!!
・頑張れ、ばかものな私


 「自分の感受性くらい」

               茨木のりこ

 ぱさぱさに乾いてゆく心を
 ひとのせいにはするな
 みずから水やりを怠っておいて

 気難しくなってきたのを
 友人のせいにはするな
 しなやかさを失ったのはどちらなのか

 苛立つのを
 近親のせいにするな
 なにもかも下手だったのはわたくし

 初心消えかかるのを
 暮らしのせいにはするな
 そもそもが ひよわな志にすぎなかった

 駄目なことの一切を
 時代のせいにはするな
 わずかに光る尊厳の放棄

 自分の感受性ぐらい
 自分で守れ
 ばかものよ
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック