2014年10月18日

ドボジョ

秋の晴れた日、広島市公共事業再評価審議会委員として、
13時広島市役所正面玄関集合で広島市の公共事業場所を巡る仕事に初めて参加。
経済・経営領域担当が私の任務(?)だ。
そのほかの審議員の皆様は、経済界の方、弁護士さん、それから建築・土木系の大学の先生。

街路や道路(区分けがあるらしい)の予定地や、工事途中経過を半日かけて巡り、
市役所の方から現地でご説明戴く。
川に橋を架ける云々では、土木・建築的見地からバンバン質問が行きかう。
土木・建築専門の女性の先生のかっこいいこと。
また、市役所の職員さんにも、それらが専門のお若い女性がおられた。

移動のマイクロバスの中で、
法曹界の弁護士さんがかっこいいのは言うまでもないが、
土木・建築が専門というのはまた別の意味でカッコイイ、特に女子が!
と私が興奮して皆様に言うと、
「ドボジョ」という言葉があることを教えていただいた。

ドボジョとは、「土木系の仕事や学問に携わっている土木系女子」のことだそうだ!
http://www.nikkei.com/article/DGXBZO54614490S3A500C1HR0A00/

最近は女子の理系進学を中学や高校でも進めるが、
理系の優秀な女子の多くは医歯薬系を目指す。
医歯薬系も重要な領域ではあるが、
ドボジョも仕事的に面白そうだ。

かっけーよ、と教えてあげたい。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック