2014年09月01日

テレビの目と生の目

家好きテレビ好きではあるが、外の情報や動向を知るために、ある程度は出かけるようにしている。
マツダスタジアムでのカープ観戦も然り。

ただ、野球観戦において、
適宜最適なポジションで、動いている人を大きく映してくれる
テレビカメラの映像に慣れた身には、
野球場での観戦は、ハードルが高い。

ちょっとボーっとしている間に試合が動く。
周囲の歓声で、何が起こったかを推測する能力は養われる。

ちゃんと観るぞと目を凝らしていても、
ランナーがいてバッターが打って、多くの選手が動く。
誰かの動きに注目していると、他のところで点数が入ったりして、
何が起こったかよくわからないまま、周囲の歓声で推測する。

これではいかんと、スマホのラジオをイヤホンで聴きながら観戦することにしたら、
ラジオの実況は2分くらい時間差があるのだ。
だめじゃん。

ということで、野球場での観戦は臨場感があって楽しくもあるが、
試合内容を理解するには八方塞の感が否めない。

選手は小さいし・・・
少し前の試合だけど、左矢印が丸選手、右矢印が堂林選手。
イケメン。
IMG_3213.JPG

とか言いながら、やはりまた時間を作って行ってみたいものだ。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック