2014年08月16日

2014甲子園

一昨日のJステーション。
その前日の甲子園で広島代表広陵は
延長戦の挙句に押し出しフォアボールで夏が終わった。

他の試合でも延長戦の末逆転で勝負が決まるなど
勝者が飛び上がって喜ぶ一方で、
泥だらけになったユニフォームのままで号泣する敗者側の高校球児の姿が見られた。

広陵のエースは泣かなかった。
少なくともテレビで観た限り泣いてなかったように思う。
きっと誰よりも悔しくて申し訳なくてと自責の念でいっぱいだったろう。

甲子園で勝ち進んでというのも良い経験だが、
きっと若い時にこれでもかというほどの悔しさを味わう方が
今後の長い人生に意味があるように思う。

なんてことを広陵のエースが気づくのは、きっと数十年後だろう。
そうはいえ、悔しさは消えないだろうなあ。

お疲れ様。
広島代表がいなくなって淋しいが、
私はもう少し熱闘甲子園を泣きながら見る夜を続けよう。

先週のスタジオの花。
IMG_3148.JPG
posted by H.A at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Jステーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック