2014年02月21日

食卓の人数の変化

今日の朝ドラ「ごちそうさん」は、
末子かっちゃんの成長を感じ、
旅立ちを認めざるをえない母の心境が描かれていて、切なかった。

「ごちそうさん」は、皆が食卓を囲んで食事をする。
嫁いだときの4人から始まり、子どもが増え、妹の夫も増え、友人が加わりと大勢だったのが、
長男が進学で、長女が嫁いで家を離れ、徐々に人数が減っている。
そして末子のかっちゃんが家を離れ、おばあちゃんも亡くなるだろう。

食卓を囲む家族の人数が減る時に初めて、
増えるときの苦労は喜びであることを知るのねと感じる今日この頃。

「おおきいなったんやなぁ。おおきいなってしもうたんやなぁ。がんばっといで」
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック