2013年08月24日

歴史と地理の勉強

見聞を広めようと、チーズとワインのセミナーに、仲良しの友人と行ってきました。
今回はイタリアのチーズとワイン。

IMG_0928.JPG

アルコールに関わる飲み食い物は、このブログに書かないようにしているのですが、
チーズやワインの学びは、歴史と地理の学びであると、セミナーに参加し実感しましたので、
こちらにつらつらとしたためています。

例えば、第一次世界大戦中に、敵国にチーズを略奪されるのを避けるために、
葡萄の搾りかすの中にチーズを隠したことにより、できあがったチーズがあるとのこと。
またワインもイタリアの海沿いの南部と、山沿いの北部とでは異なると。
南部は暖かいので葡萄の栽培も容易、かつ海風に吹かれて葡萄自身にも塩分が含まれているとか。
という説明を配布されたプリントの地図を見ながら伺うのです。

友人となんだかんだと語り合いながら、食文化の深淵に触れたようなひと時でした。
折角なので、ちょっと勉強してみましょう。

IMG_0930.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック