2013年07月16日

ホテルの選択基準

出張でホテルによく泊まる。
その際、一番気にするのがベッド。
高級ホテルだろうがリーズナブルだろうが関係ない、とにかくベッドの寝心地は大事。

マットレスも腰痛に関わるので重要だけれど、私は掛け布団のカバーが判断基準だ。

ホテルの掛け布団のカバーには、大きく分けて
・全部覆う袋型のカバー
・身体と布団を遮るだけの一枚布のカバー
の二種類ある。

私は前者の、全部を覆う袋型のカバーが良い。
後者の一枚布だと、寝ている間に布がずれて、どなたが使ったのかわからない布団本体に
身体が接触することになる。

このシーツは、ホテルのレベルには関係なく、そのホテルの考え方によるようだ。
えてして新しいホテルか、睡眠を重要視するホテルであれば、
袋型の率が高い(と思われる)。

さて、私の定宿 池袋のメトロポリタンホテル。
ここは、ちゃんと袋型。
IMG_0695.JPG

ロビーの花もカサブランカですてき。
IMG_0698.JPG

よく眠れます。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック