2013年05月22日

引き続きサッカー

先日、研究室を久しぶりに訪ねてきてくださった先生より、
1年間サバティカルでイギリスに行き、イギリスのプロサッカーについて調査したという話を聞いた。
ゼミ生のサンフレッチェ調査も始まりと、ちょっとサッカーづいているので、
今回もサッカーについて。

サンフレッチェの森脇さんから、
スタジアムの位置が課題なのですよと話を聞いたが、
現在使用しているエディオンスタジアムも、すでに建設されて22年が経っている。
そもそも広島広域公園陸上競技場であり、球技場としても使用される多目的スタジアムなのだ。

ただ、そこでは歴史ある試合が行われている。
1992年のサッカーアジアカップ広島大会である。

AFCアジアカップ1992とは、ウィキペディア情報によれば、
1992年10月28日から11月7日まで日本の広島県で開催された
第10回目のAFCアジアカップ。
この大会の開催国である日本が初優勝に輝いた。
最優秀選手には日本の三浦知良が選ばれた。とのこと。

1992年といえば、翌年にJリーグがいよいよ始まるよというサッカーに沸いた年。
また、サッカーアジアカップ広島大会には、カズ、ラモス、武田、中山など、
当時のゴールデンなメンバーが出場。
(現サンフレッチェ監督も)

で、当然ミーハーな私も、その試合は観に行っているわけです。
遠いのに。
サッカーもよくわからないのに。







こんな、昔話をしていてはいけません!
人の昔話くらい、聞いてて辛いものはない。
今のサッカーを観戦しましょう、私。
カズも現役なのですから。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック