2013年05月03日

女心

やられた。
この小説には、
女子の愚かさ、浅はかさ、意地悪さ、妬み、勝手な思い込み、しつこさ・・・
見事に描かれている。

『モンスター』(2012)幻冬舎文庫
やはり、百田直樹氏。

零戦や時代物や大物経営者を描いた小説とは、これまた色の異なる読み応えのある内容。
エンディングも、そうきたかと・・・ネタバレになるので書きませんが、
読んでみてください。

映画化されるようです。
http://monster-movie.jp/

読書のお供は、杵屋の「書写 千年杉」。
http://kineya.net/hpgen/HPB/categories/11500.html
初めていただいて賞味しましたが、びっくりするくらい美味しい。
大好きなトム(トム・クルーズね)もお土産に大量購入したらしい。
モンスター.jpg
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック