2013年04月26日

高校生

このブログは、私のたわいもない独り言をしたためるものですので、
お忙しい方は、飛ばしてお読みくださいませ。

そこそこ働いたなと思う週末の夜の楽しみは、
家で、ワインを飲むこと。
肴は、女子高生の娘とのなんてことない会話。
最近は、朝ドラ「あまちゃん」の録画を観ながら。

ドラマ「あまちゃん」の主人公は高校二年生の16歳、
ママはキョンキョンで42歳と言う役。
キョンキョンの42歳は、おかしいだろうと思うあなたは、同世代。
確かに彼女は私の一つ上。
まあいいのです。

きっと世の中の女子高生のママ達は、ドラマのキョンキョンと自分を
重ねて見ているはず。
顔が違う、ほっとけ、と言いましょう。

女子高生とママ、そしてママにも女子高生の頃があった、
今日のドラマは、そういう内容。
自らがアイドルだったキョンキョンが、聖子ちゃんのポスターを貼った部屋にいたのかい!
とかいうつっこみも、まあいいのです。

女子高生の頃、よくわからないけれど、何か心の奥底にあった。
だけど突っ張るほどの根性もなく(私ね)、
中途半端にスカートを長くし、髪の毛をくるくるし、何かに怒っていたあの頃。
確かに夢もあったけど、それが何かわからない。
努力もしなかったし。

尾崎豊が「卒業」の中で
♪行儀よく真面目なんてクソクラエと思った
と歌って、おっしゃる通りと思った私が、
今や、職場で目の前の学生に、
「行儀よく真面目に」としたり顔で言うのですから、どーよ。


まあ、それも良しとしましょう。
娘の存在のおかげで、もう一度青春を味わいながら、
キョンキョンに自分を重ねる週末の夜。


じぇじぇ!
posted by H.A at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック