2007年02月17日

第一楽章

少し前の「クローズアップ現代」で全国の交響楽団の財政危機をとりあげていた。
行政からの補助と、企業からの寄付金の減額で、
人件費の削減が余儀ないという実情。

もし、私が大企業の社長で、かつ経済界のドンだったら、
一大メセナ旋風を引き起こそう( ̄‥ ̄)

昨夜、広島交響楽団の演奏を聴きに行った。
2000人のホールに1700人の入り(今朝の中国新聞による)。
素人目に見ても、とても良い演奏で、
最後の曲が終わっても、ほとんどの人が何度も何度も拍手をしていた。

お金で買えない文化や芸術と、経済効率のトレードオフはどうするexclamation&question



【その他】
その1:

チケット購入したのは公演一週間前。
おまけに、ローソンチケット。
にもかかわらず(S席は売り切れ)、後方中央のまあまあの席。
ローソンの力の強さなのか、たまたまなのでしょうか。

ローソンチケット.jpg


その2:

メセナだ、芸術だとかっこつけて書きましたが、
演奏曲目が、ベートーベンの交響曲第7番だったからです・・・
楽器を上に向けたり、くるくる回したりはありませんでした・・・

当たり前?
posted by H.A at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック